移転祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由

胡蝶蘭には、「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。新天地で商売などを始める際に、今後の繁盛や発展を祈念する意味をこめられるため、移転祝いにも選ばれられるのです。また、「純粋な愛」という花言葉ももっており、鉢植えであることから、新しい地にしっかりと根を張って、多くの顧客に愛されますようにという願いを込めることもできます。花は、お店の雰囲気を明るく華やかにしてくれるものですが、なかでも胡蝶蘭には、特別な気品や華やかさがあるため、置いてあるだけでお店に高級感を演出することができます

移転をお祝いする相手方には、飲食店や病院など、衛生管理に特に気を付けなければならないところもあります。胡蝶蘭は、香りや花粉がほとんど気にならないため、そのような心配をする必要がありません。

花束などで使用される生花は、退職や就職などのお祝いにギフトとして贈られることが多いため、3月~4月が最も需要の多い時期となります。最近では、ハウス栽培などで寒い冬でもさまざまな種類の花を揃えることができるようになりましたが、頂いたときの美しさを長く維持できないというデメリットがあります。その点、胡蝶蘭は、1年を通して栽培されていることからいつでも入手することが可能であるとともに、特別な管理をしなくても長い期間にわたって美しい花の姿を眺めることができるのも大きな魅力となっています。